新年度の肩身は狭いわね~

親元から離れていて良かったなぁ~と思うのが、メディアで『生涯未婚率』の調査が出てくる時。独身で30代半ば過ぎてると、貴方もそろそろ・・・と言われちゃうと、こっちも仕事が忙しいんだから~と叫びたくなるんですよ。毎月欲しいものもあれば、旅行にも行きたいし、かといって職場が楽しいかと言われればそうじゃなく、昇進がのぞめるわけでもない。この数字が出てくるのは、30代独身女子にとって、本当に悩ましいです。この調査、50歳まで一度も結婚してない独身男女(これって私も入ってるって事?)を対象に調査してるそうですが、男性は4人に1人、女性は7人に1人らしいのですよ。数からみても女性の東京未婚率が高いってのは、ただ単に東京の家賃も何もかもが高いのがあるでしょって言いたい。私の友達も東京に住んでいるけれど郊外でマンション買おうと思ったら4000万円!関西の郊外で中古の一戸建て買えますよ、一戸建てが。その時点で、結婚出来ないんじゃありません?いずれは、と考えてる人は、反対に独身の人の9割になるんだそうですが、厚かましいわ~と思ったのが、私の上司(40代半ば、年収600万、移動は全て会社経費)。ヤクザみたいなルックスなのに、どんな人がお嫁さんに欲しいと言ったかというと、石原さとみをグラマーにして、大人しくして、ずっと家にいて、家計を管理して、美味しい料理を作って浮気しない、デブにならない女性がいい、ですって。そんな女性、とうの昔にジャニタレみたいな男性と結婚してますよね。無職の独身女性が外見と年収がトム・クルーズみたいで日本語ペラペラの外人と結婚したいと要求する様なものですよ。
今の未婚率があがっていく要因って、こんな所にも密かにあるんじゃないかしら、と考えています。
そういう私は、連日連日深夜に帰り、出逢いに全く縁がないんですよね。
リプロスキンの成分を細かく分析!